増額で増やせる限度額は

up「レイク」でキャッシングを続けていると、今の限度額ではすぐ一杯になってしまうので「限度額を増やせないかな」と思う人も少なくなりませんが、増額申請をすれば限度額を増やす事は可能です。

では、どれくらいまで増やせるのか気になるところですが、消費者金融と銀行カードローン「レイク」ではでは限度額が違ってきます。

 

消費者金融の増額は

消費者金融は、貸金業法の総量規制が適用されるので、最大融資限度額は年収の3分の1以内となります。たとえば、年収300万円の人が、初回の限度額が30万円だったと仮定すると、増額を重ねる事で、最大融資限度額は100万円まで増やす事が可能です。

ただし、増額にも審査が有るので、すべての人が最大融資限度額まで増やせるとは限りません。

 

レイクで増額

「レイク」は銀行カードローンなので、総量規制の制限を受ける事はなく、融資限度額は年収に関係なく、審査で決まります。レイクの融資条件で融資限度額は最大で500万円となっています。満20歳~70歳までの人なら、その範囲で融資を受けることができます。

借入限度額は申込者の信用状況や収入などの返済能力によって設定されるので、借入希望額が500万円であっても、30万円までしか借りることができないということもあります。「レイク」で増額するには、半年以上継続して利用している必要が有ると言われています。

しかし、増額が可能かどうか、いくらまで増やせるかは、各利用者の状況に応じて決まります。例えば、同じ限度額が20万円の人が複数人いたとして、ある人は10万円、別の人は20万円増額できた、というような違いも生じてきます。

 

増額する方法

ひとつは「レイク」から限度額の増額が可能な対象者に増額案内を会員ページやメールで行っているので、案内が有った時に申込むのが一番です。しかし、レイクからの案内を待たずに増額申請する事も可能なので、増額申請が出来る条件が揃えばこちらから申請する事も可能です。

ただし、収入面の向上の事実もなく、レイクでの適度な借入れと返済の実績も少ない状態で増額申請してしまうと、増額審査で逆に悪い評価が下され、限度額が減額されるという希望とは反対の結果になってしまう可能性があるので増額申請をするタイミングが重要になります。