増額してもらうためのポイント

「レイク」の利用条件で、融資限度額は500万円となっていますが、誰もがこの限度額まで借りられるわけではありません。

利用限度額は、審査によって決まるのですが、初回契約時の限度額は低めに設定されています。しかし、この限度額は条件が整えば増やすことが可能です。

初めて契約したときの限度額

新規で申込みをする場合、年収や勤め先等の基本情報や信用情報機関の個人情報を基に、審査を受けることになります。この時行われる審査というのは、申込者がどれくらいの返済能力が有るかを調べて、貸付限度額を決めます。「レイク」が貸付けても良い金額を、利用限度額とか融資可能額と呼びます。

利用限度額は人によって基準が異なるので、30万円まで借りられる人もいれば、100万円まで借りられるというような違いが出てきます。初めてレイクを利用する時はほとんどの場合、50万円以下になるのが普通ですが、実際に使ってみると、限度額が50万円というのはそれほど大きな額ではありません。より多くのお金を借りるためには、まずこの限度額を増やしていかなければなりません。

一方で、年収がそれほど多くない人や、過去にキャッシングやカードローンの利用において返済に遅延や延滞を起こした事が有る人の場合、最初の利用限度額が10万円から始まることもあり、同程度の年齢や収入、同じ勤め先の人でも、過去の利用履歴や現在のキャッシングの利用状況等によって初期設定の限度額は大きく違ってきます。

 

限度額を上げる増額申請

利用限度額が決まっている場合、それ以上融資を受ける事は出来ませんが、限度額を増やせば今まで以上に借入が可能になります。それを「限度額の増額」といい、レイクだけでなく、ほとんどのキャッシング会社は、一定の条件を満たしていれば利用限度額を増やす事ができます。限度額を増やす方法は、「レイク」で一定以上の利用歴を積み重ねる事が重要になります。

具体的には、レイクと契約してから、最低でも半年以上経過している必要がありますが、時間的な経過だけでなく、積極的に借入を利用し、遅延や延滞を起こさず返済をしている事が重要で、限度額を増やしても問題ないと判断されれば、増額は簡単にできます。「レイク」はこのような優良顧客に、増額を進めているので、あなたの元へ増額案内が来た時が一番良いタイミングになります。