増額してもらうためのポイント

「レイク」の利用条件で、融資限度額は500万円となっていますが、誰もがこの限度額まで借りられるわけではありません。

利用限度額は、審査によって決まるのですが、初回契約時の限度額は低めに設定されています。しかし、この限度額は条件が整えば増やすことが可能です。

初めて契約したときの限度額

新規で申し込みをする場合、年収や勤め先等の基本情報や信用情報機関の個人情報を基に、審査を受けることになります。この時行われるお金を借りる審査というのは、申込者がどれくらいの返済能力が有るかを調べて、貸付限度額を決めます。「レイク」が貸付けても良い金額を、利用限度額とか融資可能額と呼びます。

利用限度額は人によって基準が異なるので、30万円まで借りられる人もいれば、100万円まで借りられるというような違いが出てきます。初めてレイクを利用する時はほとんどの場合、50万円以下になるのが普通ですが、実際に使ってみると、限度額が50万円というのはそれほど大きな額ではありません。より多くのお金を借りるためには、まずこの限度額を増やしていかなければなりません。

一方で、年収がそれほど多くない人や、過去にキャッシングやカードローンの利用において返済に遅延や延滞を起こした事が有る人の場合、最初の利用限度額が10万円から始まることもあり、同程度の年齢や収入、同じ勤め先の人でも、過去の利用履歴や現在のキャッシングの利用状況等によって初期設定の限度額は大きく違ってきます。

 

限度額を上げる増額申請

利用限度額が決まっている場合、それ以上融資を受ける事は出来ませんが、限度額を増やせば今まで以上に借入が可能になります。それを「限度額の増額」といい、レイクだけでなく、ほとんどのキャッシング会社は、一定の条件を満たしていれば利用限度額を増やす事ができます。限度額を増やす方法は、「レイク」で一定以上の利用歴を積み重ねる事が重要になります。

具体的には、レイクと契約してから、最低でも半年以上経過している必要がありますが、時間的な経過だけでなく、積極的に借入を利用し、遅延や延滞を起こさず返済をしている事が重要で、限度額を増やしても問題ないと判断されれば、増額は簡単にできます。「レイク」はこのような優良顧客に、増額を進めているので、あなたの元へ増額案内が来た時が一番良いタイミングになります。

 

レイクのようなフリーダイヤルではない、携帯番号金融

消費者金融や銀行などは営業するにあたって必ず固定電話が必要になります。
例えばレイクでもフリーダイヤルが設けられていますがこれは当然のことながら固定電話になるわけです。

電信柱などに貼られている金融業者の広告、ご覧になったことがあるでしょう。
そこに携帯電話の番号が記載されているものを見たことがあるのではないでしょうか。
これは俗にいう携帯金融、050金融というものです。
固定電話を持たずに携帯電話の番号だけで営業をしている業者は違法です。

ご自身でも、何かの業者だけではなくサイトなどでも構いませんが携帯電話番号を記入することよりも固定電話の番号を記入する方が抵抗があるでしょう。
固定電話を取り付けるためには本人確認が必要になりますので固定電話があることは現住所に住んでいることを証明するものでもあります。
最近の就職活動でも固定電話があることが重要視されていることはまだまだあるようです。
携帯電話の番号は解約すれば終わりです、その電話番号はつかわれない番号となり本人と確実に連絡がつくための手段としては弱い番号であることは言うまでもありません。
長いことアドレス帳に登録されていた古い友人に電話をかけてみたらすでに電話番号が変わっていたということは誰にでも経験があるものです。

携帯電話の番号で金融業をする、それはいつでも消える準備ができているということです。
借り入れ先として選ぶものではないことはお判りになったことでしょう。